銀行系のカードキャッシングを数年前に利用しました。今ほど種類も多くなく、大手銀行のキャッシングになります。
今は融資に関しては厳しくなっておりますが、銀行系という信頼が高いものを選んで利用しました。

消費者金融系は間口(審査基準など)は広いが、利率や対応などに問題があったら嫌だと感じ大手銀行系を選びましたが、結局は保証会社は信販系の会社になります。

銀行系のメリットは、
・信用・信頼がある。
・種類が豊富で、種類により利率もお手頃のものがある。

デメリットは
・個人信用情報が重要となり、返済遅れなどがひと月でもあれば、審査が厳しくなる。

という感じです。

個人信用情報が分からない場合は、自ら取り寄せる事も可能ですので、一度見てみるのも手です。

キャッシングは手頃ではありますが、キャッシングというのは無担保でお金を借りる事になるので、上述のように信用第一になります。
また、キャッシング機能が付いたクレジットカードを複数持っている場合、
キャッシングをしていなくともキャッシング枠があると見なされる為、お金を借りにくくなるので注意です。

その場合は、カードを解約し、1枚だけにするなどを極力、負債があるように見せない事が大事になります。

私は最終的に繰上返済で完済しましたが、お手頃ということで、踏み倒しも少なからずあるようで、
そういう事を一度でもしてしまうと、ブラックリストにも乗りますし、生活していくうえでカードが使えない、
ローンが組めないとなると思いのほか大変ですので、そのようなことが無いようにしたほうがいいですね。